母校の創立100周年記念事業HPにお祝いメッセージを寄稿しました

お祝いのケーキ。ピンクのクリームでバラの花がデコレーションされている。

母校である大阪府立生野高等学校の「創立100周年記念事業HP」にお祝いのメッセージを寄稿しました。

 

創立100周年記念事業実行委員の方には、この栄えある機会にメッセージのご依頼をいただきましてありがとうございました。

 

「卒業生には母校を誇りに感じてもらい、在校生には夢への後押しに」ということでしたので、当事務所の代表プロフィールでも触れていますが、いまの社会保険労務士という仕事に出会ったいきさつや高校時代の思い出を書かせていただきました。

続きを読む

10/5(金)「ヒトを活かし企業を活性化するポイント~あらゆるビジネスチャンスはヒトを通してやってくる~」セミナーに登壇します

お知らせです。

 

10/5(金)15:00~16:30、文化パルク城陽にて開催される「ヒトを活かし企業を活性化するポイント~あらゆるビジネスチャンスはヒトを通してやってくる~」セミナーに、高島が登壇します。

 

京都商工会議所・宇城久区域商工会議所・商工会広域連携協議会の主催によるセミナーです。

 

「ヒトが生き生きと働くために必要な環境をどのようにして作り、いかに企業の持続的発展につなげるか」をメインテーマに、企業がジョブ・カード制度を利用するメリットについてお伝えすることを目的としています。

続きを読む

8/24(木)14:00-16:00 「会社が伸びる就業規則の作り方 7つのポイント」セミナー

積まれた革張りの本の上に緑色の葉付きの赤いリンゴが置かれている。傍らにバケツに活けられた黄色い花たち。

中小機構D-egg(同志社大学連携型起業家育成施設)様主催「会社が伸びる就業規則の作り方 7つのポイント」セミナーに登壇します。

 

成長を続ける会社には共通点があります。

それは人に関わる、会社の3つのリソースを有効活用していることです。

3つのリソースとは「蓄積されたノウハウ」、「磨き上げたスキル」、「共有する価値観」のこと。

これらをうまく活用するため、社員がとるべき行動パターンを言語化したものが就業規則です。

 

やらされ感がなければ、社員も能力を発揮しやすくなります。その結果、会社が伸びるのです。厳しいルールで縛るだけが、社員をマネジメントする唯一の方法ではありません。就業規則では、3つのリソースを共有できるように、ルールへ意味づけすることが大切です。

続きを読む

7/27(木)14:00-16:00 「ほしい人材が応募してくる! 採用コンセプトのつくり方 & 就業規則のポイント」セミナー

便箋と万年筆。傍らにインクとコーヒー、クッキー。

中小機構D-egg(同志社大学連携型起業家育成施設)様主催「ほしい人材が応募してくる! 採用コンセプトのつくり方 & 就業規則のポイント」セミナーに登壇します。

 

「より好みしている時間はない」

「そんなに採用募集にコストをかけられない」

「すぐに空きを埋めないといけないから、応募してきた人を採用するしかない」

採用にまつわるこんな悩み、あなたの会社でもありませんか?

実はこれらは、あらかじめ採用コンセプトを明確にしておくことで解決できます!

 

採用コンセプトのつくり方、また新人を早く独り立ちさせるように育てる就業規則のポイントを詳しく解説します。

続きを読む

給与計算のアウトソーシングで気をつけるべきこととは?

木目調のデスクのうえのノートパソコン、スマホ、雑誌。

私がよく経営者の方からお聞きするのは、社長自身が給与計算を行っていて、経営者としての本来業務に割くべき時間が削られて悩んでいる、ということです。正しく給与計算を行うための教育コストがかかるので適任者がいない、また小規模の企業では事務方の社員数が少ないため、社長自らが実務を行わざるを得ない事情があるようです。

 

けれどやはり社長が本来業務に専念するためには、自社で行うよりも低コストなのであれば、アウトソーシングの検討を行うことをお勧めします。アウトソーシング先の候補としてオススメしたいものの1つがクラウドサービスです。

 

クラウド型給与計算ソフトもあることを聞いたので、実際に私も試しに使ってみました。給与計算の業務フローには、労働時間の集計や社会保険料の計算など、人事に関する業務が多岐に渡って含まれていますが、それらがとてもわかりやすく管理されていることに驚きました。

 

従来なら給与担当者1名で行っていた作業も、クラウド型なので他の社員との分業もやりやすく、スピーディーに終わらせることができそうです。

何より給与計算の専門的な知識がなくてもできることが大きなメリットですね。社労士業務のうちのひとつに給与計算がありますが、このようにとても便利な世の中になってきているので、私も社労士としての付加価値を考え直す良い機会になりました(笑)

続きを読む

なぜ社労士のアドバイスは押し付けがましいのか?

グリーンの垣根。向こう側がみえるハート形。

私はこの仕事を始めてから丸11年になるのですが、クライアントの経営者から「高島さんって社労士らしくないですね!」と言われることがいまだに(割と)あります。

 

仕事を始めたばかりの頃は、「まぁまだ若葉マークだし、威厳とか貫禄がないんだな…」と思っていたのですが、12年目に突入しても言われるというのはさすがにどうなのでしょうか・・・笑 というわけで、「社労士らしい」とはどんな感じなのかを伺ってみました。

 

すると、「社労士さんって、よく押し付けがましいアドバイスをする気がします」との答えが返ってきました。

 

客観的な意見として「社労士らしさ」を詳しく聞いてみると、気付いたことがありました。それは、社労士が「法律と会社の関係」をどのように捉えているかによって、アドバイスの仕方が2パターンに分かれるということです。

続きを読む

後悔しない社労士の選び方

カラフルなカップケーキがぐるりと円を描いて並べられている。

「高島さんは経営者寄りの社労士ですか?それとも社員寄りの社労士ですか?」と、先日仕事の関係者に聞かれることがありました。

 

そこで「社員と力を合わせて会社を伸ばしたい経営者の立場に沿ったアドバイスを行う社労士です」とお答えしました。すると、

 

「高島さんは、『こうしないと会社は損しますよ』『会社のためには就業規則にこう書くべきですよ』みたいなことは、あまり言わないですよね?」とのことでした。

 

なるほど、このやり取りのなかで気付いたことがあります。


続きを読む

新しくビジネスを始めたい!人の手を借りる2つの方法③

虹が青空にかかっている

昨日の記事からの続き、シリーズの第3回目です。

 

新しくビジネスを始めたい!人の手を借りる2つの方法

新しくビジネスを始めたい!人の手を借りる2つの方法②

 

今日は「アウトソーシング」のメリット・デメリットについてです。

最後にこれからの新しい働き方について、少し触れたいと思います。


続きを読む

新しくビジネスを始めたい!人の手を借りる2つの方法②

緑がまぶしい芝生のうえに、ハート形のシャボン玉が浮かんでいる。

昨日の記事の続きです。

 

新しくビジネスを始めたい!人の手を借りる2つの方法

 

先行投資とも言える雇用について、「資金ショート→事業ストップ」となることを防ぐため、考えておくべきポイントをみましょう。


続きを読む

新しくビジネスを始めたい!人の手を借りる2つの方法

優しい色合いの花束。ピンクベージュのカーネーション、黄色のガーベラ、かすみ草、ピンクのチューリップ。

新年あけましておめでとうございます。

社労士事務所Extensionの高島あゆみです。

 

このブログをお読みいただいているみなさま、セミナーやコンサルティングにお越し下さったみなさま、いつも支えてくださっているみなさま、昨年は大変お世話になりありがとうございました。

 

みなさまのお役に立てるよう、セミナーやコンサルティングのコンテンツのさらなる充実に努めてまいりたいと思いますので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


続きを読む

「心ここにあらず」は変化のサイン?

青空に若葉。木漏れ日がまぶしく降り注いでいる。

パソコン作業をしていても、頭の中はあれこれそのパソコン作業以外のことでいっぱい。

街を歩いていていろんなものが目に入るけれども、実のところ見えていない(認識できていない)。

 

そんな「心ここにあらず」なときってありませんか?

けれどなかなか自分では自覚しにくいもの。


続きを読む