新しくビジネスを始めたい!人の手を借りる2つの方法③

虹が青空にかかっている

昨日の記事からの続き、シリーズの第3回目です。

 

新しくビジネスを始めたい!人の手を借りる2つの方法

新しくビジネスを始めたい!人の手を借りる2つの方法②

 

今日は「アウトソーシング」のメリット・デメリットについてです。

最後にこれからの新しい働き方について、少し触れたいと思います。


■「アウトソーシング」では戦力化に工夫が必要

「アウトソーシング」のメリット・デメリットは「固定費の削減はできるものの、技術・知識・ノウハウの蓄積は難しい」に集約されます。

アウトソーシングの形態はさまざまですが、大別して人材派遣と外注の場合をみてみましょう。

 

①人材派遣の場合

社会保険料の負担をしなくてすみますし、また派遣されるのは一定の業務能力が担保された人材なので自社で教育訓練をしなくてもよく、コスト面で助かります。一方で人材派遣については法律の改正が割と頻繁に行われるので、正確な情報収集が欠かせません。

 

②外注の場合

仕事の完成に対して報酬を支払う形態なので、契約・解約がしやすいですが、専門性の高いノウハウは社内に残りません。また問題が起きた時に責任の所在があやふやになるリスクも考えられます。

 

このようにコスト的にメリットはありますが、(当然ではありますが)会社に対する忠誠度や責任感などは「雇用」に比べて希薄になりがちです。また社内にノウハウを積み上げていくことは難しいため、自分のビジネスの有力なパートナーとするにはそれなりの工夫が必要といえます。

 

 

■新しい働き方

最近「アウトソーシング」に限らず、「雇用」という形態で、新しい働き方が注目されています。

いわゆるテレワークです。テレワークとは、パソコンなどを利用した時間や場所にとらわれない柔軟な働き方のことで、在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務の3タイプに分類されます。

 

たとえば、業務内容は仕様書によるプログラムの設計や定型的な事務作業で、細かな指示などはあまり必要がない。1週間に1回の出社の義務があり、その際に詳細について打合せを行う。

このような場合、在宅勤務にすれば会社にとってはオフィスコストの削減、社員本人にとっては通勤時間の削減などが考えられます。

導入に際してはいろいろ留意点がありますが、実情に応じて考えてみるのもひとつの手です。

 

 

「新しくビジネスを始めたい!人の手を借りる2つの方法」として3回に渡ってお伝えしてきましたが、チームでビジネスを広げるときのお役立ちになればとてもうれしく思います!

社労士事務所Extension 代表・社会保険労務士 高島あゆみ

■この記事を書いた人■

社労士事務所Extension代表・社会保険労務士 高島あゆみ

「互いを磨きあう仲間に囲まれ、伸び伸び成長できる環境で、100%自分のチカラを発揮する」職場づくり・働き方をサポートするため、社会保険労務士になる。150社の就業規則を見る中に、伸びる会社と伸びない会社の就業規則には違いがあることを発見し、「社員が動く就業規則の作り方」を体系化。クライアント企業からは積極的に挑戦する社員が増えたと好評を得ている。

≫詳しいプロフィールはこちらから

社労士事務所Extension 代表・社会保険労務士 高島あゆみへのご依頼はこちらから
「トップページにもどる」ボタン