「CHANTO」11月号 取材協力しました

「CHANTO」11月号カバー表紙

10月7日(月)発売の「CHANTO」11月号(主婦と生活社)では、「夫や子どもにどう伝える? 仕事への影響はどうカバーする? 働くママの生理とのつきあい方」というタイトルの企画が組まれています。

その中のワンコーナー「生理休暇のしくみ」について、取材協力させていただきました。

 

「CHANTO」では、働くママのための生活実用誌として、働く女性に役立つ情報を提供されています。

ラクちん時短レシピや収納アイデア、便利グッズ紹介など情報が盛りだくさんです。

編集部さんから送っていただいた掲載誌を読みまして、いろんな家事ノウハウに「なるほどなぁ~~」と私も思わず唸ってしまいました(笑)。

 

興味をお持ちになられましたら、ぜひ全国書店・ネット書店でお買い求めください!

 

「CHANTO」11月号(最新号)の立ち読みはこちらからどうぞ♪

 

カバー表紙は松坂桃李さんです!

**

取材は電話取材というかたちで行っていただきました。

高島がベラベラお話ししたことを、わかりやすく簡潔にまとめていただいています。

 

働く女性の方には、生理休暇のしくみを理解し、仕事の調整だけでなく自分の身体とうまく付き合うきっかけになればいいなあと思います。

 

もちろん、職場のマネジメント層の方々にも正しい理解が広がることを願っています。

「CHANTO」11月号目次ページ

********************************

「CHANTO」(主婦と生活社)の公式サイトはこちらからどうぞ

https://chanto.jp.net/

********************************

 

 

********************************

当事務所のブログでも生理休暇の取扱いについて書いています。

当事務所のブログはコチラ→「セクハラと誤解されない生理休暇への対応」

********************************

社会保険労務士高島あゆみ

■この記事を書いた人■

社労士事務所Extension代表・社会保険労務士 高島あゆみ

「互いを磨きあう仲間に囲まれ、伸び伸び成長できる環境で、100%自分のチカラを発揮する」職場づくり・働き方をサポートするため、社会保険労務士になる。150社の就業規則を見る中に、伸びる会社と伸びない会社の就業規則には違いがあることを発見し、「社員が動く就業規則の作り方」を体系化。クライアント企業からは積極的に挑戦する社員が増えたと好評を得ている。

≫詳しいプロフィールはこちらから

社会保険労務士高島あゆみへのご依頼はこちらからどうぞ。
「トップページにもどる」ボタン