法定休日の日曜日に出勤すると社員はトクをする?

六角形の木目調のテーブル。鉢植えのグリーン、眼鏡、ノート、コーヒーの入ったマグカップ。

土・日曜日の週休二日制をとっている企業において、たとえば日曜日を法定休日として就業規則で特定していた場合、次のようなお話をお伺いすることがあります。

 

「法定休日に働くと割増賃金率が高くなるので、社員から『どうせ休日出勤するなら同じ休みでも土曜日よりも日曜日に出たほうがトクだ(土曜日に出るとソンをする)』という声があがっていて対応に困っています」

 

土曜日と日曜日はいずれも休日ですから1週1日の労基法で定める休日を付与しながらも、特定された法定休日に働かせたばかりに3割5分増の割増賃金を支払わなければならない・・・というのはいささか疑問が残ります。

 

そこで今回は、日曜日に働かせると、土曜日の会社で定めた所定休日に休みを与えていたとしても労基法上の休日労働になるのかについて、詳しく確認していきたいと思います。はたして法定休日の日曜日に出勤すると、社員にとっておトクになるのでしょうか?

法定休日と法定休日以外の休日の振替

粘土製のベースに生けられた観葉植物。

土・日曜日の週休二日制の場合には、たとえ法定休日を特定していたとしても(むしろ特定することが「法定休日は1週間に1回」という法の趣旨に合致します。会社にとっても社員にとってもわかりやすいですね)両方とも同じ休日ですから、いずれか1日だけ休日が与えられていれば、労基法の定める「毎週少なくとも1回の休日」は付与されたことになると解釈されます。

 

また、36協定において「日曜日」と法定休日を特定しているときでも、同じ週の休日である「土曜日の休日」と同じ休日どうしを振り替えればOKです。36協定上の休日労働には該当せず問題ありません

行政通達でも「休日労働の割増賃金は、結果的に4週4日の休日の付与日数に不足している日数分でよい」との旨が示されていることから、このことは明らかです。

 

まとめると、土・日曜日とも同じ休日であることから、どちらを法定休日にするかは付与義務のある会社の指定によります。また、あらかじめ法定休日が特定されているときでも、会社は自由に振り替え指定することができます。

同じ休日の振り替えですから、就業規則上に定められているかどうかや、社員の同意といった手続き上の拘束は一切受けません。

就業規則に定めるなら

開かれたノートのページ。ノートの前に置かれたサボテンのオブジェ。

前段の最後に、「同じ休日であるからこの振り替えは就業規則など手続き上の拘束を何ら受けない」とお伝えしましたが、この旨を就業規則に定めておくと、社員のみなさんから「土曜日よりも日曜日に出勤したほうがトクだ(土曜日に出勤するとソンをする)」といった無用な誤解を受けずに済みます

 

たとえば「法定休日は、休日のうち日曜日とする。ただし、会社は1週または4週の間で他の休日と振り替えることができる」との旨を就業規則に定めておけば明らかですよね。

 

なお、同じように1週間のうちに欠勤した日があって週1日休んでいる結果となっても、あくまで欠勤した日は休日ではなく労働日です。ですから欠勤日を一方的に休日に振り替えることは原則として認められていませんから注意が必要です。

 

欠勤は労働日である場合に成立し、はじめから労働日となって休日とは法的な性格が異なるからです。混同してしまいがちなので、同一視しないように気をつけたいですね。

 

**

週1日の休み(法定休日)は心身をリラックスさせて、また翌週から仕事に身を入れるためにあります。「法定休日に休日出勤すると割増賃金率がアップするから」という理由で平日をダラダラして過ごす・・・なんていうことはないと思いますが、毎日の仕事をきちんとクリアしていくことを意識して休みもしっかりとる、こういった行動パターンを職場で「当たり前のこと」としたいですね。

 

チョコレートの入った赤いハート型の缶。ピンクのバラの花。

社会保険労務士高島あゆみ

■この記事を書いた人■

社労士事務所Extension代表・社会保険労務士 高島あゆみ

「互いを磨きあう仲間に囲まれ、伸び伸び成長できる環境で、100%自分のチカラを発揮する」職場づくり・働き方をサポートするため、社会保険労務士になる。150社の就業規則を見る中に、伸びる会社と伸びない会社の就業規則には違いがあることを発見し、「社員が動く就業規則の作り方」を体系化。クライアント企業からは積極的に挑戦する社員が増えたと好評を得ている。

≫詳しいプロフィールはこちらから

伸びる会社の就業規則作成コンサルティング。ノートパソコン、スマホ、ペン、付箋。
社員を伸ばす人事制度構築コンサルティング。ノートパソコンのキーボードに打ち込む社員の指先。

無料コンテンツ。ピンクを基調としたノート、ペン、クリップ、コーヒーの入ったカップ&ソーサ。
社会保険労務士高島あゆみへのご依頼はこちらからどうぞ。

「トップページにもどる」ボタン