仕事前の机ふき・湯茶準備で気をつけたい男女の扱いと労働時間

オフィスの給湯室。茶瓶とマグカップが並んでいる。

毎朝、仕事が始まる前に女性社員がみんなのデスクの上を水拭きして、給茶機をセットしてお茶の準備をする・・・ひと昔前では見慣れた朝のオフィス風景かもしれません。

最近では次のような質問をいただくことがあります。

 

「なんとなく昔からの慣例で、以前は女性社員が始業時刻前に簡単な掃除をしたり、お茶の準備をしてくれていました。時代が変わって、男女差別ではないか、との声が聞こえてからはその習慣もなくなりました。そうすると今や、オフィスの机には書類の山が積み上がり、キャビネットの周りも文房具やらがとっ散らかっている状態で、なんとかしたいと思っています。今は、ハラスメントやコンプライアンスをきちんと考えておかないといけない時代なので、そのあたりを確認しておきたいのですが・・・」

 

このお話のなかでハラスメントやコンプライアンスの問題として、整理・確認しておくべきは次の2つです。

  1. 仕事前の机ふき・湯茶準備でハラスメントについて気をつけるべき点は?
  2. その時間は労働時間としてカウントするか?

今回は、これらをしっかりチェックしていきましょう。

ハラスメントになるか気をつけるべき点は

急須とお茶のはいった茶碗

まず、ハラスメントの視点からみていきましょう。もし、女性社員にのみ仕事前の机ふき・湯茶準備を強要するのであれば、業務配分における女性社員への差別的取り扱いとして、男女均等法違反になります。

 

また、女性社員だけに仕事前の机ふき・湯茶準備を強要する行為は、ジェンダー・ハラスメントにあたるため、人材マネジメント上注意が必要です。

ジェンダー・ハラスメントとは、性別の役割分担意識に基づく差別的嫌がらせのことです。女性だけでなく男性にとっても問題となります。たとえば、女性をスキルに見合わない補助的業務に従事させる、男性には長時間労働や無理な配置転換を強いる、といった対応などがこれにあたります。

 

男女の性別的役割が固定的になって、過度に強調されると、オフィスでのセクハラが発生する原因・背景になりかねません。また、たとえば「男性にしかできない仕事」として思い込んでいると、人材争奪戦が繰り広げられるなか、採用募集の間口を狭めることにもなります。仕事のやり方を見直して、無駄な作業をなくすなどの生産性をあげるチャンスを逸してしまうおそれもあります。

 

業務の効率化という視点からも、ジェンダー・ハラスメントの対策を講じることは、これからの時代のテーマだといえるでしょう。

労働時間としてカウントするか

オフィスの給湯室のシンク。ひねった蛇口から水が出ている。

では次にコンプライアンス上の問題として、仕事前の机ふき・湯茶準備が労働時間にカウントされるかどうかをみていきましょう。これは、それが社員本人による自発的なものなのか、それとも会社による強制による(黙示の指示によるものを含む)ものなのかが判断のポイントとなります。

 

これらの時間が労働時間としてカウントされるのは、社員に命令して始業前に義務的に行わせている場合です。責任と強制力を伴う当番制であり、会社がその実施の事実を知りながら黙認しているときも、黙示の業務命令があったとして労働時間としてカウントされます。

 

一方、デスク回りや自分の仕事の持ち場は自分で片付けることになっていて、自発的に掃除を行う場合は労働時間にあたりません。お茶についても、社員が各自自由に飲むことになっていて、自分が入れるついでに同僚やチームメンバーの分までお茶を入れて配るのは、好意によるサービスなので、労務の提供とはいえず労働時間となりません。

 

まとめると、会社の指揮命令によるものというより、オフィスで気持ち良く仕事ができるように人間関係上の好意的な行動や、職場環境を整えるために自主的に行われるものは、たとえ業務上の必要があったとしても、明らかな自由意思によるのであれば労働時間としてカウントされません。

 

なお気をつけておきたいのは、早朝の掃除やお茶の準備に対して会社の業務命令ではなく、社員本人の自発的な活動ということで残業代の対象としないのに、人事評価の対象にはしているケースです。

 

いつもよくやってくれているからこれらの活動によい評価をつけてあげたい、との思いがあるにせよ、早朝の掃除やお茶の準備などの「自発的な活動」を評価の対象としてみると、それらを「職務行動」と認めたことになります。

職務行動とは、会社の業務命令に基づく仕事を果たす行為のことです。つまり残業代の対象として認めることになるので、矛盾が生じてしまいます。人材マネジメントにおいて社員のモチベーションにも関わってきますから、整合性がとれているか確認しておきたいところですね。

仕事前の机ふき・湯茶準備にまつわるハラスメントやコンプライアンス上の問題をみてきましたが、散らかった環境よりもきちんと整えられた環境でのほうが、やはり仕事をしていても気持ちがいいですよね。

ごちゃごちゃしたデスク回りを片付けて、ウェットティシュでさっと埃を拭き取るだけでも、スッキリした気分で仕事に向かうことができます。おいしいお茶でも一杯入れれば、ぐっとテンションも上がり、いいアイデアも浮かんで仕事がはかどりそうです。

 

一人ひとりが自分の仕事の持ち場をスッキリと気持ちの良い状態に保てば、誰かに特別な負担を強いることなく、全体として気持ちの良いオフィス環境を整えることができると思います。

モップとほうき、ちりとりが並んでいる。

社労士事務所Extension 代表・社会保険労務士 高島あゆみ

■この記事を書いた人■

社労士事務所Extension代表・社会保険労務士 高島あゆみ

「互いを磨きあう仲間に囲まれ、伸び伸び成長できる環境で、100%自分のチカラを発揮する」職場づくり・働き方をサポートするため、社会保険労務士になる。150社の就業規則を見る中に、伸びる会社と伸びない会社の就業規則には違いがあることを発見し、「社員が動く就業規則の作り方」を体系化。クライアント企業からは積極的に挑戦する社員が増えたと好評を得ている。

≫詳しいプロフィールはこちらから

伸びる会社の就業規則作成コンサルティング。ノートパソコン、ボールペン、スマホ、付箋がデスク上に並んでいる。
社員を伸ばす人事制度構築コンサルティング。パソコンのキーボードを打つ社員の指先。
無料コンテンツ。ピンク色を基調としたメモ帳、ノート、ペン、コーヒーの入った赤いカップ&ソーサ―がデスクに並んでいる。
社労士事務所Extension 代表・社会保険労務士 高島あゆみへのご依頼はこちらから