出世したくないベテラン社員のモチベーションを上げる方法

階段を駆け上がる男性社員の後ろ姿。

 新人として入社した時には、作業現場のことなんて右も左もわからなかったが、先輩・上司の指導や本人の努力もあって徐々に力をつけてきた。

経験を積むことで、イレギュラー事態の対応や取引先とのやり取りも難なくこなせるようになった。

後輩も入社してきたが、面倒見がよいので現場でも彼らに慕われていて、うまくやっているようだ。

入社してはや10年目。平均的な昇格を考えると、そろそろ管理職に昇格して責任を担ってほしい。

 

**

 

頼りになるベテラン社員、コツコツとした働きぶりで周囲からの人望も厚いようです。

けれど、そんな社員が管理職への登用を拒んだ場合。

 

最近、その理由はさまざまですが、昇進への打診を断る中堅・ベテラン社員も多くみられるようですね。

こんなとき、会社は対象者の処遇をどのように考えればいいのでしょうか。

キャリアの複線化

デスクの上に無造作に置かれたノートやファイル。傍らにはずした腕時計が置かれている。

現場の一線を退き、部下のマネジメントを行う管理的な立場よりも、自分の職業人生をかけて現場でコツコツと技術を積み重ねたい、と考える社員もいます。

高い技能を持ってプロフェッショナルな仕事を行う、専門職的な社員の存在は会社にとっても有益なはずです。

そこで無理やり管理職への着任を強要して、本人のモチベーションを下げたり、「現場を引退しないといけないのなら辞めます」と離職させてしまうほうが、会社にとっては損失です。

 

ですからそのような人材に対して、プロフェッショナルとしての道を進む人事コースを設けるのもひとつの方法です。

つまり人事制度におけるキャリアコースを単線ばかりでなく、たとえば「管理職コース」「専門職コース」という具合に、複線化するということです。

そうすれば、管理職になるより現場に残りたい社員の処遇も頭打ちにならずに、プロフェッショナルとしての技能を深めるべく、本人のモチベーションを喚起することができます。

 

この内容的に、製造業がイメージしやすいかもしれませんが、「プロフェッショナルとしての専門知識や技能を深める」という観点からいえば、業界を問わず「プロ営業職」があってもおかしくないですし、IT業界なども当てはまるかと思います。

管理職になりたくない理由

男性のビジネスバッグからネクタイ、スマホ、手帳、財布がのぞいている。

管理職になるよりも現場で技能を磨きたい社員の処遇については、前述の通りですが、一般的に多くみられる、管理職への登用を拒む理由についても考えてみる必要があります。

人事制度上の問題や見直すべきポイントがわかるかもしれません。

なかでも早急に見直すべき点として挙げられる理由は、次のように3点あります。

  1. 残業はさらに増え、責任が重くなるのに給料が見合っていないから(残業代がなくなる分、収入が下がる場合すらある)
  2. 残業する人が評価されて昇格できる仕組みになっているので、毎晩遅くまで残業する部下の管理はできないと思うから
  3. そこで自分の時間をめいっぱい費やしたとしても、さらに昇格・昇給は見込めないと思うから

 

そもそも管理職として残業代の支払いが不要となる対象者には、管理監督者としてふさわしい給料として、残業代よりも多額の手当が付与されている必要があります。

金銭的な面もさることながら、仕事上の裁量や権限を管理職に与えて、「部下の手を借りてひとりではできない、顧客のためにやりたいことを実現できる」といった管理職の魅力やメリットを伝えることも必要でしょう。

これからの正社員のあり方は

チェスボード。駒が馬ではなく社員になっている。

前段の「管理職になりたくない理由」に挙げられるように、なぜ会社は残業体質になってしまうのでしょうか。

さまざまな原因や見方があると思いますが、そのひとつに「正社員のあり方」があるでしょう。

 

これまでの正社員は仕事の内容や範囲が曖昧で、「なんでもかんでもやる」ことが当たり前とされてきました。

自分には直接関係がないと思われる仕事を頼まれても、断りにくいケースが多いと思います(特に管理職になるとその傾向は顕著ですよね)。

 

最近、同一労働・同一賃金の議論が高まっているので、これからはますます職務(仕事内容)に着目した処遇のあり方にシフトしていくことが考えられます。これまでのように「正社員だからなんでもやる」のではく、責任範囲や専門領域をきちんと定めることが大切です。

 

従来では考えられない、出世したくないベテラン社員の出現をきっかけに、人事制度におけるキャリアの複線化、役割の明確化など、自社における正社員のあり方を考える機会にしたいですね。

社労士事務所Extension 代表・社会保険労務士 高島あゆみ

■この記事を書いた人■

社労士事務所Extension代表・社会保険労務士 高島あゆみ

「互いを磨きあう仲間に囲まれ、伸び伸び成長できる環境で、100%自分のチカラを発揮する」職場づくり・働き方をサポートするため、社会保険労務士になる。150社の就業規則を見る中に、伸びる会社と伸びない会社の就業規則には違いがあることを発見し、「社員が動く就業規則の作り方」を体系化。クライアント企業からは積極的に挑戦する社員が増えたと好評を得ている。

≫詳しいプロフィールはこちらから

伸びる会社の就業規則作成コンサルティング。ノートパソコン、スマートフォン、ボールペン2本、ピンク色の付箋
社員を伸ばす人事制度構築コンサルティング。パソコンに集中して打ち込む社員。
無料コンテンツ。デスク上にコーヒーカップと文房具。
社労士事務所Extension 代表・社会保険労務士 高島あゆみへのご依頼はこちらから
「トップページにもどる」ボタン