同業者へ転職する社員の退職金をどう考える?

前回、「副業(兼業)」についてお話ししましたが、似た言葉に「競業」があります。

 

就業規則に「競業避止義務」を設けている場合もあると思いますが、これは「社員には労働契約上、会社へ不当に損害を与えないよう誠実に働く義務があるので、同業他社での兼業を禁止する」ことが目的です。

 

「うちの企業秘密を他社に漏らしてほしくない」

「だから退職後2年間は同業他社で働いてほしくない」

「それができないなら正直、退職金は払いたくない」

 

これらは、就業規則のコンサルティングで、退職金について規定するときによくでるお話です。

この場合には、

  • 退職後の競業避止義務はどうなるのか?
  • 退職金の不支給は有効なのか?

 といったことが問題になります。今回はこれらについて詳しくみていきましょう。

退職後の競業避止義務

打合せスペースで女性社員に説明する男性上司。

退職後の競業避止義務には、誓約書、就業規則等の根拠が必要です。

けれど退職者には、「別の会社へ再就職してキャリアを積みたい」という職業選択の自由があります。

退職後の競業避止義務が厳しすぎたり、行き過ぎたりすれば、退職者がこうむる不利益は大きくなってしまいます。その場合、職業選択の自由を不当に拘束し、公序良俗に反するものとして無効になります。

 

この「厳しすぎるか」「行き過ぎているか」の判断は、制限の期間、場所的範囲、制限の対象となる職種の範囲、競業行為の背信性の程度、代償措置の有無などの要素を総合的に検討されることになります。

 

なお冒頭の会話に戻ると、「禁止期間を2年」とのことですが、この期間はおおむね許容範囲内といえるでしょう。

ただし、場所的範囲が定められていない、職種が絞り切れていない(「同業他社」では甘い)と判断されてしまう可能性があります。

バーターとなる代償措置についても指摘を受けそうです。

また、この退職社員の会社における地位、在籍期間も判断材料のひとつになります。

 

つまり、在籍年数が浅く、特に重要なポジションに就いていないような場合、このような退職後の競業避止義務を課すのは重過ぎる、ということになります。

退職金の不支給は有効か

ミニチュアハウスの模型とずらっと並べられた一万円札。

退職金の不支給や減額は、退職社員に与える経済的な影響が大きく、職業選択の自由に対する足かせとなりかねません。

 

ですから、就業規則へ退職金の全部又は一部を減額する旨の明確な規定が、根拠として必要です。

その内容は、競業禁止期間や退職金の減額率などの事情を総合的に判断して、合理的でなければなりません。

 

特に退職金「全額」の不支給は、経済的なインパクトが大きいので競業についてだけでなく、会社に対する相当な背信性がある場合に限られます。

 


たとえば、顧客の大部分を奪ったり、他の社員を大量に引き抜くなどの行為がこれにあたります。

冒頭の会話の場合、「禁止期間2年間」は許容範囲として、「全額不支給」はこのような背信的行為がない限り難しいでしょう。

社員に「このままでいいのか」と思わせない

頬杖をついて思案顔の女性社員。このままでいいのかな?

社員が同業他社へ転職したいと思う理由はさまざまだと思いますが、そのひとつとして「このまま自分はこの会社で働き続けていいのかな?」と疑問を持ったから、ということが挙げられるかもしれません。

 

優秀な社員ほど、たとえば同業者との勉強会やセミナーに出席する機会は多いでしょう。そんな交流の中で「このままの自分でいいのか」との疑問から、転職へと意識が向かい始めます。

 

彼らが転職したいと思うのは、決して高い給料目当てではなく、自分の能力をさらに伸ばせて、それを思いっきり発揮できる環境を求めてのことです。

 

「どうせうちより給料が高いから他所へ転職する(だったら競業避止義務を課しておこう)」という意識でいると、会社と社員の間で疑心暗鬼になり、あまり良い関係とは言えませんよね。

 

そんな窮屈な職場をつくることより、社員の潜在力を伸ばせる環境とはどんなものか?について考えることにぜひ時間をかけたいですね!

社労士事務所Extension 代表・社会保険労務士 高島あゆみ

■この記事を書いた人■

社労士事務所Extension代表・社会保険労務士 高島あゆみ

「互いを磨きあう仲間に囲まれ、伸び伸び成長できる環境で、100%自分のチカラを発揮する」職場づくり・働き方をサポートするため、社会保険労務士になる。150社の就業規則を見る中に、伸びる会社と伸びない会社の就業規則には違いがあることを発見し、「社員が動く就業規則の作り方」を体系化。クライアント企業からは積極的に挑戦する社員が増えたと好評を得ている。

≫詳しいプロフィールはこちらから

伸びる会社の就業規則作成コンサルティング。ノートパソコン、スマートフォン、ボールペン2本、ピンク色の付箋
社員を伸ばす人事制度構築コンサルティング。パソコンに集中して打ち込む社員。
無料コンテンツ。デスク上にコーヒーカップと文房具。
社労士事務所Extension 代表・社会保険労務士 高島あゆみへのご依頼はこちらから
「トップページにもどる」ボタン