本当に若手男性社員を採用する必要があるのか?

男性用のリクルートスーツとかばん。

「本当は男性社員を採用したいと思っているが、給料が見合わないのか応募がない」

「できれば30代までがいい」

 

会話のなかで経営者の方からよくお聞きする内容です。

退職者の補充を行いたいとのことですが、前任者が「30代男性社員」であったのでそれ以外の選択肢を考えるまでもなく、男性社員を採用したいと考えられたのです。

けれど担当する仕事の内容をよくよく見直してみると・・・?

 

実は、年齢や男女の性別関係なくできる仕事が多いこともあります。

「この仕事は30代男性社員が担当する仕事だ」というのは、もしかすると単なる思い込みなのかもしれません。


男女を区別して採用予定人数を決めてもよいのか

白と黒の駒を盤に並べて陣取りに興じるビジネスマン

募集や採用において、男女のどちらかを優遇せずに、平等にチャンスを与えなければならないと法律で決められています。男女のいずれかを優先しているとされる具体例が、指針で次のように掲げられています。

 

  1. 採用選考に当たって、採用の基準を満たす者の中から男女のいずれかを優先して採用すること
  2. 男女別の採用予定人数を設定し、これを明示して、募集すること。又は、設定した人数に従って採用すること
  3. 男女のいずれかについて採用する最低の人数を設定して募集すること
  4. 男性の選考を終了した後で女性を選考すること

 

(「労働者に対する性別を理由 とする差別の禁止等に関する規定に定める事項に関し、事業主が適切に対処するための指針」より抜粋)

 

よって男女別に採用する人数を決めて、採用選考することは認められません。

ただし女性を優先的に採用するにあたって、ポジティブアクションとして実施する場合は構いません。

ポジティブアクションとは、管理職に女性がほとんどいないなど、社員の間で男女の差がある場合、その差を解消しようと個々の企業が行う自主的かつ積極的な取組みのことです。

男性にしかできない仕事なのか

緑道の木漏れ日の中、英字新聞を読む男性社員

法律の趣旨もよく理解しているが、どうしても男性社員が欲しい場合はどうすればいいのか、と思われたかもしれません。

 

基本的に仕事には男性も女性もない、と思います。

 

けれど現実的には重いものを遠くまで運ぶなど、男性の方が向いているような仕事もあるでしょう。

 

こんな場合にも無理やり女性を採用しなければならない、ということを言いたいのではなくて、「それは本当に男性にしかできない仕事なのか?」と思い込みを見直してみることを、ぜひお勧めしてみたいのです。

 

 

見直してみた結果、たとえば

  【思い込み】

   ・30代男性社員にしかできない仕事

   ↓

  【見直し後】

   ・女性パート社員2名体制+今いるリーダーの最終チェック

 

といった具合に対応できるかもしれません。

実は不要であった作業が省けて生産性があがる機会になりますし、人件費の削減にもつながるかもしれません。

 

そして何より募集や採用の間口が広がるので、有効求人倍率が高いレベルで推移する現在、人材獲得難を乗り切るきっかけになります。

たとえば早朝の仕事がネックとなって応募がないなら、その時間帯だけ学生アルバイトにお願いしてみるのもひとつの手です。学生は、学業やサークル・部活動に忙しいなか自分の時間を十分に取りたいため、時給の高い早朝アルバイトを希望する傾向があるからです。

人材難を乗り切る会社は良い流れに乗っている

青空のもとそびえたつビル

実際に仕事内容を見直してみて、男女のこだわりなく募集採用を行う会社では、

 

  • ふたを開けてみると女性の応募が多かった(しかも優秀だった)。
  • せっかく採用するのだから辞めないで活躍してほしい。
  • そのため慣例になっていた仕事内容や流れを見直し、働き方を柔軟に考えた。
  • 女性社員が不慣れなところは丁寧にフォローを行った。
  • フォローをすることで職場全体の仕事への理解度が深まった。
  • ムリムダが省けて女性が働きやすいだけでなく、みんなが働きやすい職場ができた。
  • 「辞めたくない会社」として定着率がアップした。
  • 知らず知らずのうちに協力体制ができ、業績があがった。

というような良い流れができる傾向にあるようです。

 

まず思い込みを取り払うことで実現できるなら、「若手の男性社員を採用したい理由は?」「本当にその必要があるのか?」と今一度考えてみる余地はありそうですよ!

社労士事務所Extension 代表・社会保険労務士 高島あゆみ

■この記事を書いた人■

社労士事務所Extension代表・社会保険労務士 高島あゆみ

「互いを磨きあう仲間に囲まれ、伸び伸び成長できる環境で、100%自分のチカラを発揮する」職場づくり・働き方をサポートするため、社会保険労務士になる。150社の就業規則を見る中に、伸びる会社と伸びない会社の就業規則には違いがあることを発見し、「社員が動く就業規則の作り方」を体系化。クライアント企業からは積極的に挑戦する社員が増えたと好評を得ている。

≫詳しいプロフィールはこちらから

伸びる会社の就業規則作成コンサルティング。ノートパソコン、スマートフォン、ボールペン2本、ピンク色の付箋
社員を伸ばす人事制度構築コンサルティング。パソコンに集中して打ち込む社員。
無料コンテンツ。デスク上にコーヒーカップと文房具。
社労士事務所Extension 代表・社会保険労務士 高島あゆみへのご依頼はこちらから