就業規則を自力で作成するメリット・デメリット

「就業規則は自分で作れるものですか?」

経営を軌道に乗せるために何でも自分でこなされてきた、努力家の経営者から多い質問です。

「固い決意を持ってすれば、作れなくはないです。ですが何のために就業規則を作るのかを事前によく考えておきましょう」

私はこのようにお答えしますが、その理由は3つあります。

1)多岐に渡る法律を把握しなければならないから

自力で作成する最大のメリットは、専門家(社会保険労務士)に依頼するコストをカットできることでしょう。

その代わりに専門的な法律の知識を、調べて理解する必要があります。

その苦労の分だけ労働法の知識を、ぐっと深められるのは間違いないと思います。

ちなみに社会保険労務士試験を合格するのに必要な勉強時間は、平均1,000時間と言われています。これは単に合格するだけの時間で、使える知識にするにはそれ以上の時間を要します。

「就業規則作成に必要な専門的知識を習得するには、同じだけの時間がかかりますよ」と言いたいのではなく、相当の時間がかかる心づもりをしておく必要があるということです。

本来であれば社業に費やせたはずの時間を、削らざるを得ないこともあるでしょう。

2)条文の言い回しが難解になりがちだから

就業規則の内容はその根拠を労働法に求めますから、法律的な言い回しをどうしても避けられません。

たとえば

「その勤務しないことがやむを得ないと認められる場合」、や

「前項の規定にかかわらず、定年後も引き続き雇用されることを希望し、解雇事由又は退職事由に該当しない労働者については、満65歳までこれを継続雇用する」、

・・・のような言い回しです。よく読めばわかるのですが、話し言葉ではないので戸惑いますよね。

自分で作成するとなると、厚生労働省モデル就業規則などを参考にされるかもしれませんが、慣れていなければこのような文章を読むだけでも手間がかかりそうです。

手間をかけて厚生労働省モデル就業規則の規定を読みこなすと、その分確実に就業規則の全体像を把握できると思います。

ただし社業が忙しいと後手に回ってしまい、いつまでも就業規則が完成しないことも実際は多いようです。

3)客観的に自社を振り返ることが難しいから

就業規則を作成するには、現状分析が欠かせません。ぜひ「就業規則の7つのポイント」をもとに自社を振り返っていただきたいと思います。

そこでよくお聞きするのが「自社を振り返るポイントはわかったが、感情をはさんでしまい客観的にみるのが難しい」ということです。

前述の2)にもつながりますが、振り返ってみたものの、その内容を条文に落とし込むのに手間取ることもあるようです。

就業規則を作るぞ!と決意したことで、じっくり自社を振り返る機会を持つことは素晴らしいです。やっつけ仕事で一応の完成をみたとしても、実態に合っていなかったり形骸化しやすいからです。

つまり自社を振り返る良い機会にはなるけれど、客観的に分析して条文にするのは難しくて手間がかかるということです。

まとめ

就業規則を何のためにつくるのかというと、それは職場を良くしたいと思われたからですよね。社員を動かして会社を伸ばしていく、という想いがあってのこと。

労務管理のため基礎的な知識は経営者に必須ですが、細部に入り込んだ知識まで必要かどうかは疑問です。

経営者に求められるのは社業を先導していくことで、役員室に閉じ籠って法律の勉強をすることではないはずです。そのために社員のことや現場をみれなくなっては本末転倒ですよね。

コストカットや知識を深められるのは、就業規則を自力で作成することのメリットですが、

 

本来の仕事(社業)との兼ね合いを考えて優先順位を考えることが大切だと思います。

社労士事務所Extension 代表・社会保険労務士 高島あゆみ

■この記事を書いた人■

社労士事務所Extension代表・社会保険労務士 高島あゆみ

「互いを磨きあう仲間に囲まれ、伸び伸び成長できる環境で、100%自分のチカラを発揮する」職場づくり・働き方をサポートするため、社会保険労務士になる。150社の就業規則を見る中に、伸びる会社と伸びない会社の就業規則には違いがあることを発見し、「社員が動く就業規則の作り方」を体系化。クライアント企業からは積極的に挑戦する社員が増えたと好評を得ている。

≫詳しいプロフィールはこちらから

伸びる会社の就業規則作成コンサルティング。ノートパソコン、スマートフォン、ボールペン2本、ピンク色の付箋
社員を伸ばす人事制度構築コンサルティング。パソコンに集中して打ち込む社員。
無料コンテンツ。デスク上にコーヒーカップと文房具。
社労士事務所Extension 代表・社会保険労務士 高島あゆみへのご依頼はこちらから
「トップページにもどる」ボタン