当事務所のコンセプト

社労士事務所Extension 代表・社会保険労務士 高島あゆみ。明るい日差しが差し込む窓辺に立ち、満面の笑顔。コンサルティングを通じて企業を元気にしたい。

こんにちは、社労士事務所Extension 代表・社会保険労務士の高島あゆみです。

 

就業規則や人事制度のコンサルティングをしていると、大学時代に部活動で熱中したギターマンドリン・オーケストラを思い出すことがあります。

 

各パートが息を合わせて同じ目的に向かわなければ、聴くに堪えないめちゃくちゃな演奏になります。けれど一人ひとりが精いっぱい音を出して主張しなければ、こじんまりしたものになってしまいます。みんなが個性を出しながら、ひとつにまとまり、目標へ突き進むことの大切さを実感しました。

 

コンサルティングの現場に置き換えてみても、会社を伸ばすには社員のチカラをひとつに、業績へ結びつけることがとても大切である、と痛感します。

 

そこで、各種コンサルティングやセミナー活動を行うなか、私が最も力を注いでいるのが「伸びる会社の就業規則作成コンサルティング」です。

就業規則といえば、「法律で決まっているもの」「学校の校則みたいなもの」と思っている人が多いので、「就業規則で会社を伸ばすことができるのか?」と疑問に思われるかもしれません。

 

けれど、「伸びる会社の就業規則作成コンサルティング」で新しい発見や気づきを得て、実際に目の前の課題へ取り組まれた企業は、少ないコストで大きな結果を生み出し、会社と社員の気持ちをひとつにますます業績を伸ばしています

 

実は、就業規則には労務管理にまつわる法律、労働時間・休日・賃金といったマネジメントの仕組み、つまり人材マネジメントに必要な要素がギュッとつまっています。

せっかく就業規則をつくるなら、会社を伸ばすために活かしませんか?

 

一方で「就業規則は雛形のコピペで十分なのではないか?」との声もあるかもしれません。

けれど、ほとんどの会社が就業規則を活用できていないのは、雛形通りの法律についてしか書けていないからです。

 

人が制度に合わせていては、マネジメントの仕組みが硬直化し、やる必要のないムダな残業が発生したりなど、生産性は落ちてしまいます。

その結果、会社を伸ばすことはできません。

それぞれの会社の実態に合わせて、人材マネジメントを考える必要があります。

 

誤解を恐れずに申し上げますと、私は就業規則の作成そのものよりも、コンサルティングでこれらをしっかり考えてクリアにしていくことの方が、優先すべき大切なことだと考えています。

 

当事務所ではコンサルティングを通じて、経営者の考え方や価値観、社風を大切にしながら、社員のチカラを育て、会社を伸ばす仕組みづくりを全力でバックアップいたします。

 

就業規則には3種類あるのをご存知ですか?本と白いマーガレット。
社会保険労務士高島あゆみのプロフィール

社会保険労務士高島あゆみへのご依頼はこちらからどうぞ。カラフルなガーベラの花。花びん。差し込む太陽の光。
伸びる会社の就業規則作成コンサルティング。紺色の表紙の本、ピンクの表紙の本、白の手帳、ペンが積み重ねられている。

「トップページにもどる」ボタン